この記事ではビットコインとモナコインの違いを比較しています。

またビットコインとモナコインのどちらを買うべきかのヒントや、どちらの通貨も購入できる取引所も紹介していますので、参考にしてみてください。

ビットコインとモナコインの違いを比較

まずは、ビットコインとモナコインの基本情報の違いを比較します。

ビットコイン モナコイン
決済 主な用途 送金
2009年1月3日 開始年月日 2014年1月1日
サトシ・ナカモト 考案者 わたなべ
約30兆7600億円 時価総額 約640億円
BTC 通貨単位 MONA
約1670万枚 発行枚数 約5620万枚
2100万BTC 総発行量 1億512万MONA
なし 運営主体 なし
約10分 ブロック作成時間 約90秒

ビットコインとモナコインは全く別の通貨なので、用途からブロック生成時間まで、全て内容が違います。

上記表で主要な部分を取り上げます。まず、主な用途はビットコインは決済で、モナコインは送金を目的に作られました。ただ、実際はどちらの通貨も決済・送金どちらの利用もできるようになっていますね。

通貨の開発が進んだのは、ビットコインが2009年で、モナコインが2014年なので、ビットコインの方が5年ほど早く開発されています。

時価総額は仮想通貨第1位のビットコインが約30兆7600億円で、モナコインは約640億円です。時価総額は、ビットコインの方が約60倍大きい計算になります。

ブロック作成時間は、いわば取引の認証スピードなので、これに関してはモナコインの方が90秒と早く完了します。

これまでの価格推移を比較

ビットコインとモナコインの、これまでの価格推移を比較します。

ビットコイン モナコイン
2013年 始値~終値 13,226円~79,397円  –
2014年 始値~終値 79,445円~38,320円 8円~3.2円
2015年 始値~終値 38,379円~51,798円 3.2円~7.3円
2016年 始値~終値 51,816円~112,340円 7.3円~2.8円
2017年 始値~終値 112,340円~1,559,696円 2.8円~1189円
2018年 始値~ 1,559,696円~ 1189円~

ビットコインの方が圧倒的に価格が高いですね。

ビットコインとモナコインどちらの通貨にもいえることですが、2017年に価格が一気に上がっています。2017年始値から終値まで、ビットコインは約12倍、モナコインは約396倍です。

ビットコインの方が時価総額が圧倒的に大きいですし、実際に使われるサービス・店舗が多いので、ビットコインの将来性に期待する人は多いですが、2017年にかけてのモナコインの価格上昇を見ると、モナコインも投資対象として捨てがたいですね。

2018年も2017年と同じ勢いで価格上昇するかは分かりません。ただ上記表を見ての通り、長い目で見ると、どちらの通貨も右肩上がりで価格が伸びています。もしあなたが、今から仮想通貨投資を始める場合でも、ビットコイン・モナコインどちらとも、投資対象として検討すべき通貨だと言えそうです。

どっちを購入すべき?の判断方法

ビットコインとモナコイン、どちらを購入すべきか迷ったらその通貨の用途(使いみち)に着目してみてはいかがでしょうか?

短期売買の場合は別ですが、その通貨ができた用途を知ってそれに共感できれば、長期保有した場合の価格上昇に期待できると思います。

ビットコインの用途

ビットコインの主な用途は決済機能です。

円やドルなど国が発行する通貨の代わりに、特定の発行者・管理者がいない全く新しい形の通貨として、ビットコインは誕生しました。

もともとは、サトシ・ナカモトという人物がインターネット上で発表した論文をきっかけに、ビットコインは作られました。発表された論文をもとに、それに興味を持った有志の人達が分担してコードを書き始めました。

ビットコインは特定の管理者を必要としないP2P(Peer to Perr)のしくみを駆使した通貨です。

P2Pは銀行などの仲介者を必要とせずに、個人間でお金のやり取りができます。取引したお金の流れは、ブロックチェーン技術を使って、すべてネット上の電子台帳に記録・保管されます。

ブロックチェーン技術は、記録されたデータを第三者に改ざんされる心配がありません。改ざんの心配がないので、信用ある通貨として担保されています。

ビットコインを使えば、銀行を通す必要がないさないので、個人間での送金が手軽になります。個人間でお金のやりとりができるので、国際送金も簡単になります。送金すれば約10分で承認される早さも優れていますし、手数料も圧倒的に安いです。

これまでかかっていた「相手に届くまで数日間必要」「国際送金の手数料3000~6000円」といったデメリットがありません。国際送金が便利になり、買い物・投資にも利用できる全く新しい通貨なのです。

モナコインの用途

モナコインは、ネット掲示板「2ちゃんねる」などの書き込みに対して、チップを送るための用途で作られた仮想通貨です。

今では、オタク文化にまつわるサービスや商品を中心に、決済手段として使える通貨の位置づけになっています。

モナコインが使えるWebサービスとしては、音楽・動画などのコンテンツに対して投げ銭ができる「tipmusic」や、金券販売サイト「amaten」などがあります。

実店舗としてもメイドカフェの「maidcafe&bar HONEY&BAKE」や、ベルギービール専門店の「サンタルヌー赤坂」などがあります。

モナコインが利用できるサービス・店舗を探す場合は、こちらのサイト「モナゾン」を使うのが便利です。

日本を中心に、アニメ・マンガ・アイドルなどを愛するファン(オタク)は世界中にたくさんいます。今後もモナコインが使えるWebサービス・店舗で増えると、それに合わせて価格が上がっていくことは十分考えられます。

ビットコインとモナコインが購入できる取引所

ビットコインとモナコインが購入できる国内主要・仮想通貨取引所をご紹介します。

ビットコイン モナコイン
bitFlyer
Zaif
ビットバンク
ビットトレード
フィスコ
Coincheck  –
GMOコイン  –
DMMビットコイン  –

国内にあるどの仮想通貨取引所も、ビットコインの購入はできます。

モナコインに関しては、2018年2月時点で5つの取引所で購入できます。bitFlyer、Zaif、ビットバンク、ビットトレード、フィスコの5つですね。

そのうち、モナコインを安く購入するには取引所形式で購入できて、MONA取引手数料が無料のビットバンクがおすすめです。

また、モナコインのレバレッジをしたい場合は、Zaif一択になります。モナコインが購入できる取引所の詳しい情報は、「モナコイン(Monacoin)の購入|おすすめ取引所を比較!」をご覧ください。