この記事では、アルトコインとは何なのか?について書いています。

仮想通貨取引所の公式サイトやネット上にあるサイトを見ていると、アルトコインという単語を目にしますよね。

  • アルトコインって何?
  • ビットコインとアルトコインの違いは?

について解説します。

アルトコインとは

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のことをいいます。

世界には仮想通貨が約1000種類あると言われています。

1000種類のうちの1つがビットコインで、残りは全部アルトコインということです。

アルトコインは英語表記で、「alternative coin」です。alternativeは「代わりの」という意味。つまり代わりのコインという意味です

アルトコインの特徴

アルトコインの特徴は2つあります。

ビットコインを元に作られている

多くのアルトコインは、ビットコインを元に作られています。

言い換えると、ビットコインのソースコード(プログラムを動かすためのコンピュータへ命令する手続き)を元に作られています。

ビットコインのソースコードはインターネット上で公開されています。誰でもオリジナルの仮想通貨を作れるようになっているのです。

世の中にあるほとんどのアルトコインは、ビットコインのソースコードをコピーして作ったり、独自に変更して作られています。

ビットコインよりも価格変動が激しい

アルトコインはビットコインよりも価格変動が激しい特徴があります。

なぜ価格変動が激しいかというと、アルトコインはビットコインに比べて、取引される量が少なく、市場での流動性が低いからです。

※流動性が低いというのは、買い手・売り手が少なく、売買が円滑にできない状態のこと。

ビットコインはアルトコインよりも信用があるため、取引量がアルトコインに比べれば多いです。そのためアルトコインに比べると、価格は変動しにくい特徴があります。

価格変動が大きいというのは、いい部分も悪い部分もあります。いい部分は、投資額を大きくできるということ。まだ価格が低いアルトコインなら、今後何十倍~何千倍になる可能性もあります。

悪い部分は、価格が短時間で大きく下がる可能性があるということ。アルトコインの場合は、一日で価格が半分以下になることも少なくありません。リスクを充分に把握した上で投資するようにしましょう。

アルトコイン時価総額ランキングTOP10

アルトコインの時価総額を簡単にいうと、「その通貨の将来の成長に対する期待の大きさ」です。

時価総額が高いほど、そのアルトコインに対する期待度が大きいということです。

2018年2月23日時点で、アルトコインの時価総額は以下のようになっています。

※1位.ビットコイン(Bitcoin)

2位.イーサリアム(Ethereum)

3位.リップル(Ripple)

4位.ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

5位.ライトコイン(Litecoin)

6位.カルダノ(Cardano)

7位.ネオ(NEO)

8位.ステラー(Stellar)

9位.イオス(EOS)

10位.ダッシュ(Dash)

上記10個の中で、「ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ」の6個は国内取引所で買えます。

「ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン」を取り扱っている取引所は、bitFlyer(ビットフライヤー)

「リップル、ダッシュ」はCoincheck(コインチェック)で取り扱っています。

それ以外の仮想通貨「カルダノ、ネオ、ステラー、イオス」は国内取引所では取り扱っていません。海外の取引所であれば購入できます。

おすすめの海外取引所は、BINANCE(バイナンス)です。

日本の取引所で購入できるアルトコイン一覧

2018年2月時点で、金融庁の登録がある仮想通貨取引所は、全部で16社あります。

全16社で取り扱っているアルトコインを一覧でご紹介します。全23種類のアルトコインがありますよ。

1.イーサリアム bitFlyer、Zaif、Coincheckなど
2.ビットコインキャッシュ bitFlyer、Coincheck、GMOコインなど
3.リップル Coincheck、GMOコイン、DMMビットコインなど
4.ライトコイン bitFlyer、Coincheck、GMOコインなど
5.モナコイン bitFlyer、Zaif、ビットバンクなど
6.イーサリアムクラシック bitFlyer、Coincheckなど
7.ネム Zaif、Coincheck、DMMビットコイン
8.リスク bitFlyer、Coincheck
9.ファクトム Coincheck
10.モネロ Coincheck
11.オーガー Coincheck
12.ジーキャッシュ Coincheck
13.ダッシュ Coincheck
14.フィスココイン Zaif
15.ぺぺキャッシュ Zaif
16.カイカコイン Zaif
17.ネクスコイン Zaif
18.ゼン Zaif
19.ZAIFトークン Zaif
20.コムサ Zaif
21.カウンターパーティー Zaif
22.ビットクリスタル Zaif
23.ストレージコインエックス Zaif

日本で人気の注目アルトコイン

日本で人気の、注目したいアルトコインをご紹介します。

紹介するのは、

  • イーサリアム(Ethereum)
  • リップル(Ripple)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  • ライトコイン(Litecoin)

の4つです。

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)はビットコインに次いで、2番目に時価総額が大きい仮想通貨です。

アルトコインの中では一番の時価総額を誇る人気コインです。

イーサリアムは、独自のブロックチェーン技術を用いた、スマートコントラクトという機能が優れています。

スマートコントラクトは、契約を自動で行える分散型プラットフォームです。

スマートコントラクトがあることで、プログラムが自動的に条件付きの売買や譲渡を、人の手を借りず行うことができます。

スマートコントラクトの技術に可能性を感じ、JPモルガン、マイクロソフトといった世界的な大企業が出資しています。

リップル(Ripple)

リップル(Ripple)は、ビットコイン・イーサリアムに次ぐ、第三位の時価総額を持つ仮想通貨です。

リップルは、ビットコインのような管理者のいない通貨ではなく、リップル社が管理している仮想通貨です。

リップルは、国家をまたぐ国際送金が、即時に行える金融インフラとしての役割を目指しています。

現在、時間とお金(手数料)がかかる国際送金において、即時にお金を送金できて、手数料もわずかしかかからない社会を目指しています。

Googleも出資していますし、SBIグループをはじめとした世界中の金融機関もリップルを支援しています。今後の可能性のある仮想通貨の1つだといえます。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)は、2017年8月にビットコインのハードフォークによって生まれた仮想通貨です。

ハードフォークを簡単に言うと、「分裂」です。

ビットコインの取引量が増えていくにあたり、取引件数を処理する方法について、ネットワーク内で意見が出されました。

取引記録を圧縮するか、ブロックサイズを大きくするかの2つに対立しました。

対立した結果、分裂した新しい通貨として、ビットコインキャッシュが生まれたのです。

ビットコインキャッシュは、ビットコインよりもブロックサイズが大きくなり、取引が承認される時間が短いのが特徴です。

発展途上ながら、2018年2月時点で時価総額第4位と、高い成長率を見せるアルトコインのひとつです。

ライトコイン(Litecoin)

ライトコイン(Litecoin)は、ビットコインが「金」とされると、ライトコインは「銀」と表現される仮想通貨です。

ライトコインは、ビットコインのソースコードを元に開発されました。

ビットコインと同様、決済用に作られました。

ビットコインと違い、取引が承認されるスピードが違います。

ビットコインは取引承認に約10分かかりますが、ライトコインは約2分30秒です。取引承認までの時間が短く、素早い決済ができるので、利便性が高いです。

ただ、ビットコインに比べ、ライトコインを使ってのサービス申し込みや物品購入で使える、店舗やオンラインショップはまだまだ少ない状況です。決済スピードは早いだけに今後の普及が期待されます。

アルトコインの購入におすすめの国内取引所

アルトコインの購入におすすめの国内取引所をご紹介します。

Zaif(ザイフ)

【取り扱い仮想通貨:13種類】
ビットコイン、イーサリアム、モナコイン、ネム、フィスココイン、ぺぺキャッシュ、カイカコイン、ネクスコイン、ゼン、ZAIFトークン、コムサ、カウンターパーティー、ビットクリスタル、ストレージコインエックス

Zaif(ザイフ)は、アルトコインの購入におすすめの仮想通貨取引所の1つです。

Zaifでは全13種類の仮想通貨を取り扱っています。

国内取引所では唯一の独自トークンも取り扱っています。独自トークンとは、ビットコインのブロックチェーン上で発行した、独自の仮想通貨のことをいいます。まだ価格は低いものの、今後急騰する可能性のある将来性ある通貨も眠っています。

Zaifではビットコインの売買手数料が、マイナス手数料になっているのも魅力です。
マイナス手数料なので、売買するごとに手数料が逆に貰えるというものです。

セキュリティも強いのも魅力です。「マルチシグ」「コールドウォレット管理」「二段階認証」といったセキュリティを確保するための、安全整備にも力を入れています。

取り扱いアルトコインも多いですし、安心して取引できるので、初心者にもおすすめです。

⇒Zaif 公式サイト

Coincheck(コインチェック)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

【取り扱い仮想通貨:13種類】
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ライトコイン、リスク、ファクトム、モネロ、オーガー、リップル、ジーキャッシュ、ネム、ダッシュ

Coincheck(コインチェック)もアルトコインの購入におすすめの仮想通貨取引所です。

Coincheckも取り扱い仮想通貨数は、国内最多・全13種類です。

Zaifで取り扱いのない仮想通貨がたくさんあるので、一緒に登録しておきたい取引所です。

初心者でも使いやすいサイトデザインなのも魅力です。

初心者でも購入しやすい販売所形式の売買ができますし、分かりやすいサイト構成なので、ストレスなく利用できます。

心配なのは安全性でしょう。2018年1月にネムの盗難被害にあった過去があります。
そんな過去があったからこそ、今後は二度と起こらないようセキュリティが強化されるはず。

国内取引所で、Coincheckでしか買えないアルトコインも多いため、登録しておきたい取引所です。

⇒Coincheck 公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

【取り扱い仮想通貨:7種類】
ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコイン、リスク

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内仮想通貨取引所の中で、取引量&ユーザー利用数No.1の取引所です。

取り扱い仮想通貨数は全7種類あり、どれも時価総額の高く、注目したいコインばかりです。

また使いやすく・分かりやすいサイトデザインなので、初心者もストレスなく利用できます。

セキュリティ体制は安心ですし、資本金約41億円は国内最大なので、潰れにくい仮想通貨取引所だといえます。株主もメガバンクをはじめとした大手企業ばかりなので、安心してお金を預けることができる取引所です。

⇒bitFlyer 公式サイト