この記事は、本人確認なしでビットコイン(仮想通貨)が買える取引所はないか?を調査した記事です。

本人確認をすることなく、ビットコインを買いたいと思っているあなたは参考にしてみてください。

本人確認なしでビットコイン(仮想通貨)が買える取引所はある?

結論から言うと、あります!

ありますが、本人確認不要で、ビットコイン(仮想通貨)を買える取引所は、海外にある取引所です。

国内にある全ての取引所は、本人確認が必須となっています。

なぜかというと、2017年4月にできた改正資金決済法という法律で、国内の仮想通貨取引所は、口座開設をする際には必ず、本人確認書類の提出が義務付けされたからです。

これはマネーロンダリング防止のためです。
マネーロンダリングとは、日本語で言うと資金洗浄。

犯罪や麻薬取引、脱税などで違法に得たお金でビットコイン(仮想通貨)を買い、いくつもの取引所に移して出所を分からなくする行為です。

本人確認をしないとマネーロンダリングの誰がどういう取引をしたか分からなくなるため、国内の取引所では必ず本人確認をすることになっています。

ただ、海外の取引所は、もちろんその国にある法律が適用されるので、取引所によっては本人確認不要でビットコイン(仮想通貨)が買えるのです。

海外の取引所で口座開設する注意点

海外の取引所なら、本人確認なしで口座開設できますが、注意したい点があります。

それは、海外の取引所では、日本円でビットコイン(仮想通貨)を買えないということです。

つまり、海外の取引所で仮想通貨を買おうと思ったら、ビットコインで仮想通貨を買うしかありません。

海外の取引所では、

(◯)ビットコインで、仮想通貨は買える

(×)日本円で、ビットコイン・仮想通貨は買えない

ということです。

現在、あなたが日本の取引所で口座開設していないなら、ビットコインを持っていないはずです。ビットコインを持っていないと、海外の取引所の口座開設はできても、取引はできないということになります。

上でお話したとおり、日本の取引所はすべて本人確認が必要です。どちらにせよ日本の取引所で口座開設する必要があるのです。

口座開設までスムーズな日本の取引所

あなたがまだ日本の取引所で口座開設をしていない場合は、ビットコイン(仮想通貨)をやるなら必須になるので登録しましょう。

できるだけ口座開設までスムーズに進む取引所を紹介します。

それはbitFlyer(ビットフライヤー)です。bitFlyerは日本で一番取引のある取引所です。

bitFlyerはとにかく口座開設までのスピードが早いです。

私も一番盛り上がっていた2017年12月に口座開設申し込みをしましたが、申し込んでから次の日には審査が終わりました。

他の取引所では1~2週間かかるのが普通でしたよ。中には1ヵ月経ってやっと審査が終わったという取引所もありました。

またbitFlyerは、運転免許証やパスポートがなくても口座開設できるので便利ですよ。

顔写真付きの身分証明書がなくても登録できるのです。

顔写真付き身分証明書不要!日本のおすすめ取引所

bitFlyerと同じで、国内大手取引所「Zaif(ザイフ)」も顔写真付き証明書が入りません。

ここで、bitFlyerとZaif2つの取引所で口座開設する際に有効な本人確認書類をご紹介します。

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設するときは次の本人確認書類が有効です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(顔写真あり)
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 健康保険証・共済組合会員証
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • ※法人の場合:登記事項証明書

他の取引所では、健康保険証は本人確認書類として使えないところが多いです。一方、bitFlyerは健康保険証も本人確認書類として有効なので、運転免許証やパスポートを持っていなくても口座開設できます。

またマイナンバーカードは、表面のみ提出すればOKです。裏面には外部に漏らしたくないマイナンバーが記載されています。間違って裏面を提出しないようにしましょう。

⇒bitFlyer 公式サイト

Zaif

Zaif(ザイフ)で口座開設するときは、次の本人確認書類が有効です。

1点のみでOKなもの

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード(顔写真あり)
  • パスポート
  • 在留カード

2点の組み合わせでOKなもの

  • 健康保険証・住民票などの官公庁発行公的証明書1点 + 電気・ガス・水道料金の公共料金の明細書(請求書・納税証明書・領収書)
  • 健康保険証・住民票などの官公庁発行公的証明書を2点

上記のようにZaifでは、運転免許証やパスポートといった顔写真付き本人確認書類がなくても、健康保険証などの2点の組み合わせを提出することで、口座を開設できます。

公共料金の明細書を提出するときは、名前・住所・発行日が確認できる書類である必要があります。

また、その公共料金の明細書が発行された日が、あなたが口座開設を申し込む日から直近3ヵ月以内のものでないといけません。

⇒Zaif 公式サイト

本人確認不要!おすすめの海外取引所

日本の取引所を既に開設している場合は、その取引所で、ビットコインを買いましょう。買ったビットコインで、海外の取引所で取引できます。

既にお話したとおり、海外の取引所では、本人確認なしで取引ができるところがいくつかあります。

おすすめはBINANCE(バイナンス)です。

BINANCEの特徴

BINANCE(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所です。本人確認なしで仮想通貨取引をすることができます。

日本語にも対応しているので使いやすいです。

ただ、日本語表示ができない時期もあるので、「BINANCE(バイナンス)口座開設/登録方法と流れ」の口座開設方法を参考にしてみてください。

BINANCEはおよそ100種類の仮想通貨を取り扱っています。約100種類も扱っていますから、日本の取引所ではまだ買えない将来性あるコインがたくさんあります。日本の取引所で最も取り扱いが多いZaifでも、取り扱いは13種類です。

BINANCEではどんどん新しい仮想通貨が追加されていくので、これから価格が急騰する可能性ある草コインもあります。

BINANCEの取引手数料も0.1%と安いです。世界中からアクセスがあるので、取引量も多く売買が成立しやすいのも特徴です。

⇒BINANCE 公式サイト

BINANCEのデメリットは?

BINANCE(バイナンス)は本人確認なしで利用できますが、デメリットとして1日の出金額に制限があります。出金なので、要はBINANCEに置いてあるビットコインを別のウォレットへ移す、ということです。

今のところ、24時間以内に出金できるビットコインは、2BTCまでです。たとえば、1BTC価格が日本円で100万円だとすると、日本円で200万円までしか24時間以内で出金できないということです。制限はありますが、ほとんどの人にとっては十分な金額ですね。

もし出金額を200万円以上にしたければ本人確認が必要です。この場合はパスポートが必要です。パスポートを持っていなければ、200万円までしか出金できません。

BINANCEの安全性は?

海外の取引所を使うときに心配なのは安全性でしょう。

BINANCE(バイナンス)は本人確認を必要としないですし、中国の取引所なので、突然閉鎖する可能性もあるかもしれません。

事実、中国当局は2017年9月に国内の取引所に規制をかけ、主要取引所は相次いで閉鎖されました・・。

BINANCEもいつ閉鎖されるかわかりません。購入した仮想通貨は取引所に預けておくのでなく、ハードウェアウォレットを購入して、自分で保管しておきましょう。

日本の取引所もそうですが、BINANCEも万一途中で潰れてしまっても、そこに預けていた資産は補償されませんから。海外の取引所を使う以上、ハードウェアウォレットに保管し、自己責任で資産を守る心構えが一層大切です。

おすすめのハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットは、セキュリティが強く多数のアルトコインに対応している、「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」がおすすめです。

Ledger Nano Sはビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップルといった数多くの仮想通貨を保管することができるハードウェアウォレットです。

フランスの会社ですが、日本に正規代理店があるので安心です。日本語に対応していて、公式サイトでは仮想通貨の送付方法からアプリのインストール方法まで、詳しく説明されています。操作動画も準備されていますよ。日本語によるサポート窓口もあります。

上のリンクはの日本正規代理店の公式サイトです。ハードウェアウォレットはフィッシングサイト(詐欺サイト)が多数あるので、日本正規代理から購入するようにしてください。